火災保険を選ぶポイントとは?

補償範囲はチェックしておこう!

火災保険に入っていれば、全ての物が補償されるわけではありません。プランによって補償範囲が決められていて、何に対して保険金が支払われるかが変わるんです。いざという時に、肝心な補償が受けられなかったという事がないように、事前に補償範囲はしっかりチェックしておきましょう。
見ておきたい所は、建物が範囲になっているか、家財が範囲になっているかという事です。もし建物だけが補償範囲になっていた場合、火災で家具などに被害が出た場合、補償を受ける事ができないんです。テーブルや家電など、家財に万が一があった時も補償を受けたいなら、範囲に入っているかしっかりチェックしておきましょう。範囲が広くなればなる程、保険料が上がるという点には注意が必要です。

必要ない補償は削って節約!

火災保険に入る時、どうにかして保険料を安く済ませたいと考える人は多いんじゃないでしょうか。掛け金が安くなればその分負担も減るので、保険にも入りやすくなりますよね。
保険料を節約するポイントですが、大切なのは自分に必要ない補償はつけないという事です。火災保険というのは、火災以外の災害にも対応している物があります。水漏れや盗難、何かが飛んできて建物が壊れてしまった場合の補償などがついている事があります。高台に住んでいる場合には、水災の心配が少ないのでそういった補償は外す、セキュリティーがしっかりしているから盗難の補償は外すなど、ちょっとした工夫で保険料を下げる事ができます。あまり外しすぎて、必要な補償が受けられなくなったら意味がないので、専門家と相談しながらすすめると良いでしょう。

火災保険は「もしも」の時の保険ですが、対象物件や、適用条件などの確認のため、そしてコストを抑えるためにも複数の火災保険の見積もりを取り寄せて比較し、「もしも」がなくても安心できるようにしましょう。

© Copyright Fire Safety. All Rights Reserved.